目立たない矯正‐マウスピース矯正とは

ホームへ戻る > 目立たない矯正‐マウスピース矯正とは

顎関節症治療のマッサージ効果
注文住宅の基礎知識 古民家再生
注文住宅を建てる費用
高齢者の賃貸探し
食事をおいしくする軟水

目立たない矯正を目指す技術開発はどんどん進んでいます。歯列全体に透明なマウスピースをかぶせて目立たない矯正をする方法を、マウスピース矯正といいます。ペットボトルの素材といえばお分かりになるでしょうか、PETと呼ばれるポリエチレン樹脂でつくったマウスピースを歯列にカパッとかぶせて、徐々に歯列を矯正していきます。2週間ほどで新しい装置に取り換え、すこしづつきれいな歯並びにしていくのです。


透明なものをカパッとかぶせてしまうため、矯正装置のなかではもっとも目立たない矯正方法といえます。また、金属をつかわないため、金属アレルギーを引き起こすこともありません。そして、ほかの方法と最も違う点は、自分でとりはずしができるということです。はずしてしっかり歯磨き、フロスをかけられますから、衛生面でもいい状態を保てます。

通院回数が少なくてすむのもありがたいです。1ヶ月から3ヶ月に一回の通院で治療ができます。代表的な商品として、インビサライン、クリアライナー、アクアシステム、オペラグラスといったものがあります。


マウスピース矯正という目立たない矯正方法は、一日20時間以上装着してはじめて効果が期待できます。自分で取り外しできるということは本人の心がけ次第ということになります。はずしたままでいると効果が期待できず、治療期間が長引いてしまう可能性もあります。また、はずしたマウスピースを紛失してしまう危険もあり、余分の費用がかさむことになってしまいます。便利なものはその分扱いづらいのですね。