タッチパネルの将来

ホームへ戻る > タッチパネルの将来

子供の歯列矯正のメリット
NPO設立の事例
前歯の入れ歯について
BBクリームを丁寧に伸ばす
子犬のしつけの基本

これから先、タッチパネルが生活に、今よりも密接に関わってくることが予想されます。スマートフォンやタブレット式PCといった電子機器以外の場面でも、家の中に目を向けるならば、電灯やガス、冷暖房、お風呂といったことが1枚のパネルで管理できるようになるかもしれません。それは、ただ単に生活が楽になる簡単になるということ以上に、高齢化社会への適応という側面も考えられるのではないでしょうか。


これから先、高齢者が増えるのに反して、科学技術は留まることなく発達していきます。そのときに、科学技術の産物が、ユーザーが極端に少ない、閉じられた技術になってしまっては意味がないのです。タッチパネルは直感的な操作が可能であることから、1度操作を憶えてしまえば、あとは感覚だけである程度使いこなしていけます。今現在では、駅の券売機などでタッチパネルの操作に混乱している高齢者の方を見かけますが、これから先は券売機程度の操作ならば可能な世代が年をとっていくことになります。

そうすると、ある程度は感覚で操作することができるので、生活のなかに今よりも浸透してきても、混乱は少ないと考えていいかもしれません。そこで重要になってくるのが、操作の簡略化、統一性です。タッチパネルはそれまでたくさんあったボタンでも、画面を切り替えることで1つの画面に表示できるようにして操作を簡単にできるようにします。これが、たくさんの機能を持たせるために複雑化していくような方向だと、高齢化社会には適合しないものになってしまうでしょう。